働きながら保育士資格を取るなら通信講座が便利

働きながら保育士資格を取るなら通信講座が便利 保育士になるには、国家資格である保育士資格を取らなければなりません。
通常は、専門学校や大学などに通い必要な知識を学ぶので、最短でも2年程度かかる場合がほとんどです。
夜間などの学習コースがある場合もありますが、働きながらとなると困難な場合が多いのではないでしょうか。
仕事をしながら保育士を目指す方には、通信講座で勉強するのが良いでしょう。
通信での学習を利用すると、自宅にテキストなどが届くので専門的な学校に通わなくても、自身の空いた時間に学習することが出来ます。
試験に必要な、実技や筆記などを効率よく学ぶことが可能なのでとても便利です。
講師からのサポートを受けられるので、独学では不安という方には良い学習の方法です。
担任制をもうけている会社も多いので、よりしっかりと知識を得ることができます。
仕事をしていて、時間に余裕がない場合や出来るだけ早く保育士になりたいという人には、おすすめの学習方法だと言えます。

保育士になるには国家資格の取得が必要です

保育士になるには国家資格の取得が必要です 保育士という職業は、国家資格である保育士資格を取得することが必要で、合格をすることで晴れて色んな施設で働くことができます。
国家資格の取得方法は主に2通りあります。
1つは、厚生労働大臣が指定した、保育士を養成する学校を卒業することで資格取得ができる方法です。
養成学校は最短で2年間学校で学ぶことが義務付けられていて、短大や大学、専門学校に通うことになります。
2つめは保育士試験に合格して資格取得を目指す方法があります。
こちらは主婦の方や社会人の方に多い取得方法で、家事や子育て、仕事をしながら、通信教材などを使用して資格取得のための勉強をします。
試験は筆記試験と実技試験があり、難易度は2割から3割ほどで、やや難易度は高いです。
しかし、筆記試験の8科目のうち、一度合格を得た科目は3年間有効になるため、再受験が免除されるという利点があります。
筆記試験は年2回あるので、勉強する科目を絞って効率よく計画的に試験を受けることも可能です。