保育士のキャリアアップ研修活用

保育士のキャリアアップ研修活用 役職を目指すなら活用したいのが保育士のキャリアアップ研修で、主に3つの分野の研修があります。専門分野別だと保育現場の各専門分野に関してリーダー的な役割を担う方、見込まれる方が対象で、内容は乳児保育・幼児教育・障害児保育、食育・アレルギー対応、保健衛生・安全対策に保護者支援・子育て支援です。

マネジメントでは現場の分野のリーダー的役割経験があって、主任の下でミドルリーダーの役割がある人などが対象で、人材育成や組織の目標設定、働きやすい環境づくりなど組織のリーダーとしてマネジメント能力を身に付けます。

保育実践だと現場での実習経験が少ない人や、長い期間現場で保育をしてない方が対象で、子供に対しての理解を深めて関わり方と様々な遊び、環境づくりなど保育に欠かせない能力を学びます。

保育士のキャリアアップ研修は、処遇改善とあわせて副主任と専門リーダーだと40,000円、職務分野別リーダーだと5,000円の手当を支給します。副主任は経験が7年以上で職務分野別リーダーを経験し、マネジメントと3つ以上の分野の研修を修了していることが条件です。専門リーダーは経験が7年以上で同じくリーダーを経験していて4つ以上の分野の研修修了が要件となってます。

保育士が派遣という働き方を選択するうえでの注意点

保育士が派遣という働き方を選択するうえでの注意点 保育士には派遣という働き方もあり、正社員より自由度が高いのが特徴です。原則として3年間の雇用期間が設定され、3年ごとに職場が変わるという形態になります。それゆえひとつの職場に長期勤続することがなく、人間関係の悩みが発生しにくいメリットがあります。人間関係というのは勤続年数に比例して大きくなってくると言われているのです。職場に長くいれば派閥に巻き込まれることもあるでしょう。求人案件のオープニング求人は人間関係の悩みが少ないですが、これはスタートラインが一緒で派閥などができていないためです。

保育士の派遣はアルバイトやパートと比較して時給が高いので、効率よく稼ぎたい人に適しています。一方で要求される能力・スキルが高くなりますので、ある程度知識・実力を備えていることが重要です。時給は地域や職場によって変わってきますが、一般的に1,500円くらいと考えてください。職場によって500円程度も変わるケースは多々あるので、時給はよく確認しておきましょう。